「トリニティの二人の息子(72)」

IDUE FIGLI DI TRINITA(伊)「トリニティの2人の息子」、TWO SONS OF TRINITY(英)「トリニティの2人の息子」劇場未公開

カテゴリー(Comedian)

監督グレン・イーストマン(オズワルド・チビラーニ)、脚本オズワルド・チビラーニ、撮影ウオルター・チビラーニ、音楽サンタ・マリア・ロミテリ、出演フランコ・フランキ、チッチョ・イングラシア、フランコ・レッセル、ルクレシア・ラブ

荒野の真ん中に、旅人のためのサービスステーションを開店したチッチョとフランコ、お客はリンゴやジャンゴ、サルタナなど名うてのガンマンたちばかり、事あるごとに失敗を繰り返してお客を怒らせてしまう二人組だったが、彼らの父親であるトリニティが発見した鉱山の場所を示した地図を叔母から預かり宝探しの旅に出かける。しかし、その途中で4枚のエースと仇名される賭博師アームストロング(フランコ・レッセル)から宝の地図を巻き上げられてしまった二人は、なんとか鉱山に辿り着くが、そこは凶悪な中国人の盗賊チャンチンチャンバ一味の縄張りだった。

マカロニウエスタンの傑作のパロディが楽しみな、チッチョとフランコものだが、今回は豆とワインをがっつく「風来坊」の開幕シーンのパロディが挿入されている。ただし、本作はチッチョとフランコものでは一番出来が悪いという評価が下されているようだ。あまりに統一性を欠いた脚本と、カメラマンとして起用した、監督オズワルド・チビラーニの息子ウオルター・チビラーニのカメラワークがまずく、映画全体を混乱させていることが原因のようだ。