「テキサスから来た双子(64)」

I GEMELLI DEL TEXAS(伊)「テキサスから来た双子」、TWINS FROM TEXAS(英)「テキサスから来た双子」劇場未公開

カテゴリー(Comedian)

監督オズワルド・チビラーニ、脚本ジュリオ・スカラニッチ、レンゾ・タブラッシ、サントス・アルココー、撮影マヌエル・フェルナンデス・サンファン、音楽ジャンニ・フェリオ、出演ワーテル・キアーリ、レイモンド・バイアネロ、ダイアナ・ロリス、アルフォンゾ・ロハス、ミゲル・デル・カストロ

チッチョとフランコ以外にもイタリアンのコメディチームを使った映画はいくつも存在する。彼らを起用したマカロニウエスタンも当然存在し、これもそれらの一つ。「GLI EROI DEL WEST(64)」と同じくワーテル・キアーリ、レイモンド・バイアネロのコンビのコメディ。幼いころに2組の双子の兄弟が、離れ離れにされ、それぞれが全く異なった環境で育てられる。双子が2組存在するという独特の設定が巻き起こすドタバタが面白い。騎兵隊の大尉に育てられたビル(ワーテル・キアーリ)とフレッド(レイモンド・バイアネロ)は、ジャーナリストとなり、悪の巣窟となっている酒場を閉鎖するキャンペーンを開始する。酒場のオーナーであるアーノルド(ミゲル・デル・カストロ)は目障りな二人の始末を盗賊のマランツァ(アルフォンゾ・ロハス)に依頼する。マランツァが、刺客として送り込んだのは彼が育てていた殺し屋のジョー(ワーテル・キアーリ二役)とキッド(レイモンド・バイアネロ二役)。ついに顔を合わせた4人は、それぞれが双子であるという真実を知る。監督は、チッチョとフランコものも撮っているオズワルド・チビラーニが担当している。