「星の無い保安官(66)」

LO SCERIFFO SENZA STELLA(伊)「星の無い保安官」、 CHRISTMAS KID(英)「クリスマスキッド」劇場未公開

カテゴリー(Hollywood actor)

監督シドニー・ピンク、脚本ジェームス・ハネガン、ロドリゴ・リベロ、撮影マニュエル・フェルナンデス・サンファン、音楽F・マヌエル・ガルシア、出演ジェフリー・ハンター、アレハンドラ・ロホ、ルイス・ハワード、グスタボ・ロホ、パーラ・クリスタル、ジャック・テイラー、ルイス・プレンディス

「誇り高き男」のジェフリー・ハンターが主演したスペイン製西部劇の一つ。市長、裁判官、医者という3人の男たちが、突然産気づいた母親から赤ん坊を取り上げるシーンから始まるプロローグはまさにキリストの誕生をイメージしたもの。クリスマスの朝に生まれた主人公ジョー・ノバック(ジェフリー・ハンター)は、クリスマス・ジョーの愛称で呼ばれるようになる。英題名の「クリスマスキッド」という名前はここから来 ている。

しかし、母親のマリカ(アレハンドラ・ロホ)は、出産のために命を落としてしまう。妻の死は、誕生したジョーのせいだと思い込んだ父親ジョン・ノバック(ジャック・テイラー)は、酒浸りとなり息子のジョーとことごとく対立する。鉱山が発見されたことによって無法地帯と化したアリゾナの小さい町で保安官となったジョーだったが、その実は町の実力者マイク・カリガン(ルイス・ヘイワード)から賄賂をもらう悪の手先にすぎなかった。しかし、争いに巻き込まれて父親ジョンと恋人マリー(パーラ・クリスタル)が殺されたことから、キッドはやくざ稼業の足を洗い、星をつけない保安官として町の治安を取り戻す戦いを開始することになる。