「撃て…そして、祈れ(72)」

SPARA…E COSI SIA(伊)「撃て…そして、祈れ」、SHOOT JOE,AND SHOOT AGAIN(英)「撃てジョー、もっと撃て」劇場未公開

カテゴリー( Richard Harrison)

監督ハル・ブラディ(エミリオ・ミラグリア)、脚本エミリオ・ミラグリア、撮影シルビオ・フラスチェティ、音楽バスコ&マンキューソ、出演リチャード・ハリスン、ホセ・トレス、インディオ・ゴンザレス、リック・ボイド、フランカ・ボレセロ、ロベルト・マルデラ、アントニオ・カンタフォーラ

失われた宝の地図を巡っての争奪戦が繰り広げられるリチャード・ハリスン主演のバイオレンスウエスタン。金鉱堀のための大掛かりな仕掛けを使った強盗団が、銀行を襲撃し大金を強奪する。しかし、一味の大半が逃走の途中に捕縛され、ボス(ロベルト・マルデラ)のみが金をさらって逃走する。しかし金を隠したボスも傷を負っており、ボスはたまたま彼を助けた山男のジョー・ダコタ(リチャード・ハリスン)に宝を埋めた場所を示した地図を託す。

しかし一味の手下たちは集団での脱獄に成功。ダコタは心ならずも彼らに追われることとなる。一味はダコタを捕らえると金の在りかを吐かせるためにダコタの目を火で焼くという拷問を加える。目をつぶされたダコタは通りかかった酒場女のロージー(フランカ・ボレセロ)に助けられるが、彼女は一味の一人ロー(ホセ・トレス)の情婦であった。目の傷が癒えたダコタは一味への復讐を開始する。

ラストは金を一人で持ち逃げしようとしたロージーとともに金は濁流の中に消えて行く。復讐のガンファイトが意外と簡単にけりがつき、迫力不足。前半の期待感が、後半にやや失速してしまったのが残念だ。分厚い毛皮をまとった典型的マウンテンマンといった装いで登場する主人公の個性と、開幕に登場する作業用の山車に見立てた銀行強盗用作業車が特徴的で面白い。